刺繍のレッスン⑤

f0076702_7513627.jpg
日本刺繍の2回目、いよいよ刺し始めます。

絹の刺繍糸は、細い細い12本の糸で構成され
まったく縒りのかかっていない状態(十二菅)。
数本縒り合わせて使ったりもするそうですが
今回はこのまま刺していきます。

指先がちょっと触れただけで、「わちゃー!!」となる糸(汗
そこで、布を張る時にも活躍した「てこ針」の登場。
糸の扱いは、ほとんどてこ針で行います(難しいっっ

ひと針刺しては、てこ針でしごいて
糸の流れを正し、艶を出していきます。
この艶が、上手に出ない・・・。
ほどいてやり直したい気分なのですが
布にダメージを与えずに綺麗にほどける自信もなく、
今回は練習ということで、このまま刺し進めることに。


f0076702_74733100.jpg
ぎゃー!!
小ロクッッ

ほんとに、ほんとに、あっちに行ってっ


K:見てるだけにゃ


次のレッスンまでに刺繍を完成させたいので
猫を締め出し、こもって宿題しようと思います(汗


最終回の次レッスンは、刺繍の仕上げを習います。

日本刺繍は、思い立ったらすぐ刺せる♪というものではないけれど
不思議とはまってしまいそうな魅力のある手仕事です。

めっちゃ難しいけれど…


[PR]
by ocha2 | 2013-06-04 07:52 | 手しごと


<< 散財通勤と、猫sの夕ごはん 梅雨の晴れ間の土曜日 >>