カテゴリ:マルガリータ( 6 )

ヴィの好物

いろいろあるけど、飲み物ならこれ。
f0076702_7353645.jpg
マルガリータ姐さんのお水。

この遺影は、プロのカメラマンに撮ってもらったもの。
もともとは恰幅の良い猫(笑)にガブリエルがモデルエントリーしたのですが
家に撮影に来たカメラマン氏がマルを見て
この子もいいねぇ~~とたくさん撮ってくれたのです。
細身の姐さんは、ガブリとは違う写真集に掲載されました♪
[PR]
by ocha2 | 2006-12-05 07:39 | マルガリータ | Trackback | Comments(8)

マルガリータさん

19歳という長寿で星になったマルガリータ。

わたしが「姐さん」なんて呼ぶせいもあるのですけれど
そして、こんな半眼の写真ばかり掲載したせいもあるのですけれど
マルガリータのことは 「かっこいい」 「りりしい」 「オトコマエ(女の子です・笑)」
などとほめていただきます。
ありがとうございます♪

f0076702_14534657.jpgでもね、

ほんとは可愛い顔なの♪

ほら、お目々ぱっちり。

ね?

・・・だめ?

・・・・・・やっぱ姉御?(笑

甘えている時でも、
顔ではすごんでいた姐さんです♪
(肩の柄、くりからもんもんみたい)
[PR]
by ocha2 | 2006-07-07 14:55 | マルガリータ | Trackback | Comments(4)

マルガリータ姐さん

2年少し前、今の家に引っ越した直後の猫sです。
f0076702_11453396.jpg
まだ新しい家に馴染んでおらず
故マルガリータ姐さんが、些細な事にいちいちお怒りになっていた日々。
あぁ、顔が怒ってますね。 しっぽも心なしか膨張していますね。
この写真使って引越し通知のはがき作りましたけどね...
ガブリは今よりずっと巨猫。 8㌔オーバー。

このテーブルは、木肌が気に入って作った胡桃材のもの。
容赦ない爪攻撃に恐れをなし、早々にテーブルクロス使用を決意。
この色が気に入ってたのだけれど、意味なし。
無駄ぢゃ無駄ぢゃ...猫飼うってことは、不条理とも向き合わなくてはね...


★今日の哀愁★
ピアスの出口がどうしても見つかりませんでした......湿気の多いこの時期、いつも傷みます(鬱
[PR]
by ocha2 | 2006-05-31 11:52 | マルガリータ | Trackback | Comments(6)

お彼岸中日

昨日は、普段乗らない路線の電車を乗り継いで
久しぶりにマルガリータの墓参り。
ふんわり春めいた心地よい日だったせいか
霊園は、かつての愛犬愛猫を懐かしむ人でいっぱいでした。

お線香を供える時に、マルガリータならf0076702_13275074.jpg


  煙いじゃないのっ なにすんのょっ


なんて言いそうだよね、と笑い
お供えの花なんて嬉しくもなんともないだろうね、と話していたら
そっくり同じことを話している人たちがいました(笑
マルみたいな性格の猫を飼っていたのかもしれません。

大好きだったおかかと缶缶をお供えして、穏やかな気持ちで家路につきました。
[PR]
by ocha2 | 2006-03-22 13:28 | マルガリータ | Trackback | Comments(0)

厳しい猫母

ガブリエルの育ての母、マルガリータは気性の激しい猫で
飼い主のわたしですら、ガブガブケリケリ...しょっちゅう流血してました。

そんな心の狭い猫が、やんちゃ坊主の子猫ガブリエルに寛容であるはずもなく
f0076702_10523447.jpg
f0076702_1053317.jpg
パンチ!                キック!
猫の掟を叩き込んでいました。



f0076702_1054323.jpgでも、とても仲睦まじい親子でした。






古い写真(初期の携帯)なので、画像が荒くて小さいです。。。
[PR]
by ocha2 | 2006-02-24 10:55 | マルガリータ | Trackback | Comments(2)

マルガリータについて

f0076702_10501487.jpgf0076702_11561525.jpg
2004年の9月に空へ帰ったマルガリータ(19歳)
ガブリエルの育ての母であり、私の長年の友。
若い頃は難しい性格だったけれど、
晩年はとても穏やかな懐っこい子になりました。


2005年の5月に迎えたヴィヴィアンは、その時生後八ヶ月。
マルガリータの生まれ変わりだと思えてしまいます。
顔立ちも、食の好みも、マルガリータにとても似ています。

愛猫が自分よりも先に逝くのは、飼う前から分かっていることですが
やはりそのつど悲しすぎて「乗り越えられない・・・」と思ってしまう。
しかし、いつしか乗り越えていて、優しい思い出だけが残るのです。
うちの子でいる間は、せいいっぱい幸せを感じさせてあげたい。

f0076702_1212890.jpgマルガリータの遺影の横で眠るガブリエル(たまに遺影を蹴る・・・)


マルが死んだ時に、慰め、励ましてくれたみんな、、、心から感謝します。
[PR]
by ocha2 | 2006-02-22 12:07 | マルガリータ | Trackback | Comments(0)